効果的な美白ケアには色々な方法がありますが、まず意識しなければいけないことは、紫外線を遮断し肌を守ることです。紫外線を無防備に浴びてしまうと、肌内部でメラニンの生成が促されて、シミやくすみの原因になります。

紫外線の下で活動する時間を減らしたり、日傘や、つばの広い帽子をかぶるなどして、肌をガードしましょう。夏の強い日差しに限らずとも、太陽の光には常に紫外線が含まれているため、曇りの日や、夏以外の季節でも、紫外線対策を講じることが重要です。

美白化粧品を活用したスキンケアも、シミやくすみ解消に対しては有効です。美白ケアのための化粧品には、メラニンの生成を抑制する働きと、出来てしまったシミを薄くする働きを持つものがあります。ハイドロキノンや、ビタミンC誘導体は、肌の白さを高めてくれる成分であると言われています。

ハイドロキノンは肌への刺激が強いので、ケアをする際には化粧品に配合されている濃度に気をつけるようにしましょう。アルプチン、トラネキサム酸、コウジ酸、カモミラETなどの成分が、メラニン色素の生成をブロックする作用があります。

ただし、新しくメラニンが生成されないようにしてくれる美白の成分は、現状のメラニンが減少するような影響を与えることはできません。美白効果がある化粧品を使っているのに、お肌の状態が変わらないのは、化粧品選びに問題があることがあります。

どのような美白成分が配合されているのかを確認した上で、肌の悩みに合った化粧品を選ぶことが大切です。